【英検3級】小学生 おすすめ勉強法 小学6年生で英検3級合格!

小学生で英検3級を受験させたい!レベルは?どんな勉強が必要?

子供に英検3級を受験させたいけれど、レベルは?どんな勉強をすればいいの?

我が家では「小学校6年生までに英検3級合格」を目標に小学生低学年から学習に取り組んできました。

今回はごく普通の小学校6年生が英検3に合格した実績からわかったこと、オススメの情報を紹介します。

関連記事

【英検5級】小学生 おすすめ勉強法 小学2年生で英検5級合格!

【英検4級】小学生 おすすめ勉強法 小学3年生で英検4級合格!

 

なぜ英検を取得をするのか

・公立小学校でも3年生から英語授業開始され、小学校で英語の成績が評価される時代になりました。

2020年の大学入学共通テスト開始は色々あって延期されましたが、英語試験では、2技能(聞く・読む)から英語4技能(聞く、読む、話す、書く)を評価する流れは止まると思えません。

今の小学生はほぼ影響を受ける内容なので、先手を打つためにも小学生で英検を受験することは4技能習得に役立つと考えています。

 

今の小学生が、将来求められる英語力とは?

・日本の人口減少、人手不足にともなう外国人労働者の増加

・訪日外国人のインバウンド需要増加

ITシステムの発達で、国内外を問わないボーダレスな雇用

従来の聞く・読むだけでなくコミュニケーション力(英語4技能)が重要になることは、肌感覚で感じるところではないでしょうか。

英語4技能習得に向けた行動を今からすれば、子供の可能性が広がるのは間違いありません。できるだけ早期に取り組みを始めた方が良いと思っています。

なぜ低学年のうちから英検を受験させるの?

子供達が楽しく・自信を持って英語を習得するには周りのお友達よりもほんの少し早い取り組みが重要だと考えています。低学年のうちから英検受験を通して、英語学習を先取りし、3年生になった時に学校の授業がしっかりわかることで、授業が「楽しい」と感じ、成長が加速するのではないでしょうか。低学年のうちから、小学校6年間で達成したい英検の目標を立てることで、「時間」を味方にして長期的な取り組みができます。

記事をきっかけに、お子様が楽しく英語を習得される一歩を踏み出すお役に立てれば嬉しいです。

英検3級のレベルは?

目安としては「中学卒業程度」とされています。

実感としては、英検4級ではあまり必要がなかった、

未来・現在・過去・現在完了・過去完了・現在進行形などの文法の基礎知識が必須です。

 

どんな内容が出るの?

試験内容

リーディング 20問 ライティング 1問 [50分]

リスニング  30問 [約25分]

日本英語検定協会のホームページ

は無料でダウンロードできる過去問題がありますので受験を検討されている方は、

一度試してみると子供の実力がわかります。

この時点で、解けない問題がたくさんあっても気にすることは全くありません。

 

合格ラインは?

毎回合格ラインは変わるのであくまでも目安ですが 6割程度とされていますが、2016年度以降、CSEスコアという指標をもとに合否が判定されるようになり、何問正解すれば合格ではなく、配点に重みづけされているので合格発表の結果が出るまでわかりません。

準備期間は4ヶ月だった!

英検3級を受けさせてみよう!と考え始めたのは小学校5年生の2月頃。

6月の第1回英検を目標に取り組みを始めました。

基本的には、過去にやった方法と同じものを使っていますが英検3級は2次試験(面接)があるので少し取り組みを変えました。

やったこと その1 【参考書】

英検5級、4級でもお世話になったシリーズの教材を使いました。

 

具体的に良かった点は2つ

・説明文の漢字に「ふりがな」がある

・「英語の友(リスニングアプリ)」で音声を無料ダウンロードできる

ふりがながあるのは小学生とってはとても重要です。

小学生には読めない漢字が使われている参考書が多く「ふりがな」が必要なことに気がつかず無駄になりそうな参考書が多かったです。

書店でいろんな参考書を探しましたが、漢字に「ふりがな」があって、内容が良いものはこの参考書でした。

この参考書は、優しい文章で書かれており、本人が説明文を読みながら取り組むことができたので、内容を理解するのに役立ちました。

リスニングは、スマホやタブレットに「英語の友」をインストールしておけば良いので、結局付属のCDは使いませんでした。

アプリで聴けるというのは、とても重要です。

理由は、場所を選ばないから。

子供達は、勉強する場所が定まりません。うちの子だけかもしれませんが、子供部屋、リビング、和室などなど様々な場所で勉強をするのでCDプレイヤーを持ち運ぶのはとても面倒です。

その点、スマホアプリなら、持ち運びがとても楽なので、勉強しようと思った時にすぐに聞けてタイミングを逃しません。

単語は、子供が言うには書いて覚えるのが一番だそうです。

筆記の点数U Pを狙って購入しました。

これに取り組んでから、筆記の点数が上がってきたのでそれなりに効果が高かったと感じています。

 

やったこと その2 【onenoteで一緒に勉強】

【英語学習】英語の独学自習にはonenoteがオススメ

別のページで記載していますが、親が子供に関わりながら楽しく勉強するための余興です。

onenoteは「イマーシブリーダ」という読み上げ機能があるので、テキスト入力した文章を流暢な英語で読み上げてくれます。

 

やったこと その3 【Quizlet】無料アプリ

詳細記事:【子育て教育】小学生の暗記学習にはQuizletがオススメ

暗記学習に最適なアプリQuizlet で「英検3級」を検索すると

様々な単語帳が使えます。

これは、革命的なアプリで、単語帳を作る必要がありません。

 

やったこと その4 【オンライン英会話体験】

英検3級は2次試験(面接)があるので、英語を「話す」必要があります。

親の私は英語が上手に話せないので、流行りのオンライン英会話の無料体験コースで「少しだけ」勉強しました。

選んだのは kimini というサイト。

英検コースがあって教材も学研だったので選びました。

登録後10日間(10回ではありません)無料でしたので、2次面接の直前に体験レッスン4回ほどやりました。

skypeは使わなくて、iPadアプリを使うので特に操作が必要なくて楽チンで英検対策にオススメです。

中学生になったら準2級の対策に正式申し込みしようと思っています。

最初は恥ずかしかったようですが、先生はとてもフレンドリーですぐに楽しくお話しが出来ました。

 

4ヶ月後、見事一発合格!

結果は、一発合格!

まとめ

英検3級は、しっかりと勉強する必要があります。参考書だけでの合格は難しいのではないかと思いました。

小学校6年生までに英検3級合格 を実際に達成して思うことは

この6年間は、小学生を取り巻く英語教育の変化、勉強ツールの変化、がとても大きかったこと。

勉強方法は、親子で取捨選択することがとても大切だったと感じます。

そして一番大切なのは、子供のことをしっかりみてあげるという当たり前のことがよくわかりました。

 

【子育て教育】人気記事ランキング TOP10

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =