【中学受験】ホワイトボードは強い味方 記憶に残りやすいみたい

中学受験で役に立った道具についてご紹介します。

今回は、ホワイトボードです。

ホワイトボードは、中学受験をするご家庭ではよく使われる王道のアイテムです。

勉強を教える

 これは一番最初に思いつく使い方の一つですね。

 親が子供に勉強を教える時に、大きな字で計算問題や図形などを書くことができます。

予定表を貼る

塾に行くと、受講予定表や宿題一覧をもらってきます。

ホワイトボードに貼り付けて、いつまでに何をしないとけないのか。

どこまで進んだのかが、ひと目でわかります。

まとめシートを貼り付ける

地図記号や、漢字などその時々に必要なまとめシートを印刷してマグネットで貼り付けておきます

受験する直前には、先生からもらった言葉、大事なポイントの紙がたくさん貼られていました。

 

お絵かきする

勉強に飽きたり、コミュニケーションをとる時にイラストを書くと気分転換になります。

 

目標をかく

**中学合格

テストで**位になる

など目につくところにあると意識が少しは変わる気がします。

 

記憶が定着しやすい

これが最大の理由かなと思います。

子供に聞くと、苦手な内容はしばらく書いたまま残しておくと、自然と目についてイメージとして頭に残りやすかったようです。

設置場所は?

基本的には、強机のそばが良いと思います。

我が家では、勉強をする場所の近くと、目につきやすい場所に複数設置しました。

机の横の壁に大きめのホワイトボード

リビングに中くらいのホワイトボード

トイレに中くらいのホワイトボード

と3つ設置していました。

どんなホワイトボードがいい?

購入する時に色々迷いました。

スタンド型、シートタイプの貼り付け型、四角いボードタイプ

我が家では色々悩んだ結果、四角いボードタイプが一番リーズナブルで使い勝手がよく今でも使っています。

ホームセンターやネットでもボードタイプがバリエーションも豊富にありました。

大きめのサイズ

中くらいのサイズ

シートタイプ

まとめ

今回は、中学受験の王道アイテムホワイトボードをご紹介しました。

中学受験に限らず子供部屋にホワイトボードを設置しておくと何かと便利だと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。



【中学受験】人気記事ランキング TOP10

 

前の記事

【無印良品】福缶2021